家を売る理由って何?どんな理由で売りたいと考えてる?

家を売却する理由って一体何なのか?投資用のマンション以外ではほとんどの方が一生に一度の買物と考えて購入しているはずなのに、売る事になったのはなぜなのか?

家を売却する主な理由

  1. ①住み替え・買い替え
  2. ②相続などで物件を処分する
  3. ③ローンの支払いができなくなった

①住み替え・買い替えが理由で売却

住み替え・買い替えでの売却が最も多い理由です。考えてみると、「子どもの成長によってせまくなった」「子どもの学校の関係」「仕事の転勤で」「田舎に戻ることに」「資産価値がアップしたので」など色々とあるので、当然一番多くなってくる理由になるはずです。

初めから、資産価値がアップするのが分かっていて購入している方もいますが、多くの場合は住み替えが必要になるような環境の変化があり、売却を検討しています。

②相続などで物件を処分する

相続した家・土地の処分が理由で売却を検討する方もいます。相続した不動産はそのまま所有し続ける事も、もちろんありますが、中には、相続後の維持や管理など、面倒な事が多いこと、また兄弟姉妹がいる場合、不動産を分割することは難しい等の理由で、売却して現金化する方もいます。

また、不動産に価値があればよいのですが、田舎の不動産など、ほとんど価値をもたない場合もあり、そうなると自分達が住む選択をしない限り有効活用が難しくなってきます。もし住まないけど所有し続けるなら、毎年固定資産税がかかってきますので、何もしなくても毎年支払いが発生します。

もし今後住む予定があるなら、固定資産税を支払い続けながらでもメリットがあると思いますが、もしそのつもりが無いのであれば売却した方が手間も労力も減るはずです。相続による不動産の売却は自分だけではなく、兄弟、親類など関わってくる場合があるので、早めに相談しておくとトラブルにならずにすむでしょう。

③ローンの支払いができなくなった

よくテレビなどでも話題になる、ローン支払い苦で売却するしかないケース。不動産を購入時は、頑張ればどうにか支払えると思っている金額でも、子供の学費であったり、給与が減ったりなど、生活環境の変化があれば、支払えなくなる可能性は十分にあります。また、マンションで言えば、ローンの支払いとは別に、修繕積立金や管理費も別にかかってきますので、チラシなどで「月々10万円」と買いてあったとしても、実際はもっとお金が必要なんです。今の家賃より安いと考えて購入する方も多いと思いますが、管理費がかかる事や修繕積立金が少しずつ上がりながらかかる傾向にある事を知っておくべきです。

マンション販売会社に修繕積立金の話しを聞いたとしても、他のマンションの例などを参考に答えてきます。管理組合がしっかりしている場合、それほど増加していきませんが、中には、あまり知らべずに修繕費が適正価格でない場合も多くあります。そうなると、当初の予定通りの積立では足りなくなるので、増やすしかなくなってしまいます。

例えばですが、当初月に1万円ほどの修繕積立金が10年後には3万円にUPしているマンションもあったりします。毎月の出費が2万円以上増えることになり家計を圧迫してしまうので、ローンの支払いが厳しくなってきます。

すべて見通して購入するのは難しいですが、ローンとは別の出費、将来の給与など、色々考慮して購入しないと、せっかく買ったのに手放すことになってしまいます。

まとめ

家を売る理由は、上記の3つに分けられると思います。住み替え・買い替えの場合は新しく購入する不動産の方を中心に考えてしまいますが、売却の方もきちんと考えておかないと、ローンの関係でせっかく良い新居が見つかっても売却できないと購入できないことがあるので注意が必要です。うまくタイミングを合わせて購入を考えないと失敗してしまいます。

また相続により売却については、ある程度時間に余裕を持って売却する事をオススメします。相続した際は相続を知った日から10ヶ月以内に納税しなくてはいけません。時間があると思っていてもあっと言う間ですので、なるべく早く動き、売却期間を確保した方が良いでしょう。また、仕事をしながら売却をする方が多いと思いますので、片手間になってしまう可能性があるので注意が必要です。時間が無いからとおろそかにしていると、もっと高く売れたはずなのにと後悔してしまいます。最低でも複数の会社に査定を依頼できる不動産一括査定サイトは利用しておいた方が良いでしょう。

ローンの支払いができなくなった為に売却を検討している場合は、現状がどの程度かによります。まだなんとか支払っている状況なのか、もうすでに滞納している状態なのか?まだなんとか支払いを続けている場合は、通常どおり、仲介でなるべく高く売る方法をとった方が良いでしょうし、滞納している状態は、最終的に競売になってしまいますので、出来る限り競売を避けるために、仲介で売れるようにするか、専門家に相談して任意売却にするか検討した方が良いでしょう。ただし時間に限りがあるので、まずどのようにすべきかを相談してみる事をお勧めします。

家の売却は「家を売るなら」を参考にすると損せずに済むと思います。家を高く売る為のポイントが書かれていてとても参考になりました。